2018年4月16日

M&Aを進める上で注意すべき点とは

 昨今の企業経営者の高齢化や、事業の選択と集中という点から、M&Aに対する中小企業経営者の考え方に対してはここ数年において大幅な意識変革が起きていると感じています。従来、廃業という選択肢が大半であったのが、M&Aという選択肢も視野に入ってきました。中小企業においては、売却よりも圧倒的に買収の需要が多いのが現状です。その中で成約にまでこぎつけることができるのは、やはり限られています。

 当社では専任のアドバイザーが一貫して担当することにより、売手(または買手)とのコミュニケーションを円滑にするよう努めています。特にM&Aとなりますと、金額の多寡の問題だけでなく、法人を手放すことの不安や、法人(または事業)の第三者からの評価という、今までに経験されることの少ない問題に直面します。

 また、買手にしましても、大きな投資を伴いますので、リスク管理や買収後の事業計画等が必要となります。ここで私どもが行っているのは、情報の開示とお互いの要望の擦り合わせです。第三者としての経験や実績から、親身になってアドバイスし売手・買手双方の不安を払拭し、売手・買手にとってよりよい未来への橋渡し役かと思っております。

売手側のM&Aアドバイザーの仕事とは

 売手からの契約をいただいた場合、過去3年分ほどの決算書をお預かりして、企業評価を行い、ノンネームシートを作成します。&Biz上でコンタクトのある買手側のアドバイザーとの折衝の上、マッチングが進みましたら、トップ面談を経て基本合意契約へと進みます。この後買収監査に進みますが、この時点で懸念される事項(特に簿外負債や現在抱えている懸案事項)については契約までに開示し、解消できるか、またその道筋についてもできるだけクリアにしていただけるようアドバイスしています。

買手側のM&Aアドバイザーの仕事とは

 買手からの契約をいただいた場合、&Biz上で該当する企業をピックアップし、ノンネームシートでの打診を行います。

 ご興味のある企業があった場合には秘密保持契約を締結した後、開示された情報を基に買手と協議を行います。マッチングまで進みますと、売手同様トップ面談から基本合意契約と買収監査を行い最終契約となります。買手につきましては、金融機関からの借入を伴うことが大半ですので、金融機関との調整やご希望によっては、詳細な買収監査報告書を作成し、棚卸の現物確認を行うこともございます。

成約の事例

 直近ではクリニックの案件で売手、買手ともに担当し成約致しました。

 売手の先生は長らく診療続けてこられてきた事に敬意を示し今後の承継の進め方を丁寧に説明しました。
買手の先生は当初は何となく開業したいという気持ちだけだったが実際にクリニックの見学や詳細な図面をお出しすることにより徐々に気持ちが開業へと向かっていきました。また、開業までのスケジュールを綿密に立てることにより先生も自分のやるべきことが整理できスムーズに最終契約までいくことができました。双方の立場に立ち何を求めているかを考え、行動した結果だと思います。

アドバイザーとしての醍醐味

 なによりも、売手買手どちらの経営者の方に喜んで頂けるのが私どもとしては一番です。さらに売手から引き継いだ事業が買手の相乗効果により、好調な結果を導けた場合も同様です。

 廃業するより選択肢がない時代はもう終わりましたので、お互いの経営者様から喜ばれ、かつ従業員様の生活も守る事ができることをお手伝いできるのがM&Aのアドバイザーの醍醐味かと思います。

 
 

株式会社MAC経営
コンサルタント 赤坂 真一

大学卒業後、大手証券会社にて個人・法人へのコンサルティング業務に従事し、その後、保険代理店にてファイナンシャルプランナーとして経験を積む。現在は会計事務所に勤務し多様な業種のお客様の指導を行なっている。また事業承継(M&A)業務においても譲受側、譲渡側のどちら側からも業種を問わず相談実績があり成約まで導いた実績を多数有する。

〒650-0012 神戸市中央区北長狭通4丁目2-5 ローレル元町ビルディング302号
電話: 078-321-2680 FAX: 078-321-2681

URL: http://www.kobe-kaikei.jp/

4/16 M&A成約までどのように進めるのか
4/18 スモールビジネスを上手に「バトンタッチ」