2018年5月21日

M&Aや経営のバトンタッチで一番大事な能力を知っていますか?

 M&Aなり、事業のバトンタッチを受けるなりしようとした時、まず最初に必要な力は何か? 言われたら、いの一番に上がるのが『決算書が読めること』です。

どんなに小さくてもその事業を一番端的に表しているのは『決算書』です。

だから決算書が正しく読めないのであれば、その事業の中身を把握することはできない訳ですね。

さて、問題はこの『決算書を読める』というのはどういうことか?

今日はそんなお話です。

☆ ところで、決算書には2種類あるって知ってましたか? ☆

 さて、まず最初に一番大事なことなのですが、M&Aなり経営のバトンタッチなりの大前提となることは、実は『決算書は必ずしも正しい会社の中身を表していない』ということなのです。

ちょっと会計の知識のある人なら、ええ!それって粉飾決算じゃないの?と思うかもしれませんが、そうではありません。

たとえ正しい決算をしていたとしても、というか、正しい決算をしていればこそ、『必ず決算書と会社の実態は異なる』のです。

 それは一体それは何故でしょうか?

その答えは、『会計基準』の違いにあります。

会計基準とはとてもザックリいってしまうと、決算書を作るための、決まりごとのようなもの。

この決まりごとは、とても沢山あるのですが、大きく分けると・・・[続きを読む]

 
 

アンドビズ株式会社
代表取締役 大山 敬義

〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉄鋼ビルディング 24階(日本M&Aセンター内)
電話: 03-6689-4248(代) FAX: 03-5220-5455

オフィシャルブログ: https://ohyama-batonz.amebaownd.com/

5/7 【イベント】6月6日『&Biz設立記念式典』へのお誘い
7/3 ご登録で1万円進呈 バトンズ(Batonz)リリース直前 ご登録ありがとうキャンペーン開催!